フリーダム特許事務所

商標出願の注意点と商標登録しないことのデメリットについて

商標登録することは、自社のブランドイメージを守ることにつながり、企業の躍進・地域の活性化などの大きな力となります。商標登録のためには出願が必要ですが、その際にはいくつかの注意点があります。こちらでは、出願時の注意点と、登録しないことによる問題について解説いたします。

商標出願の際の注意点

商標出願の際の注意点

商標出願に際して注意しなければならないのは、以下の2つのポイントです。

記載する商標

まずは、記載する商標についての注意点です。商標登録の願書には、商標登録を受けようとする商標について記載する欄があります。この欄には文字による表記だけではなく、マークやイラストを貼り付けることも可能です。

この欄に記載する商標が使用する商標とマッチしていない場合、登録された場合でも、登録後に登録商標の使用をしていないとみなされて「不使用取消審判」によって取り消される可能性があります。それを避けるためには、使用する商標と全く同じ、もしくは社会通念上同一であると認められる表記をする必要があります。

指定商品(指定役務)

次に指定商品(指定役務)についてです。商標登録の願書には指定商品(指定役務)という欄がありますが、ここには商標を使用する対象となる商品やサービスを記載します。この時、過不足なく適切に記載することが困難なケースがあるのです。特に、全く新しい商品・サービスの場合だと、前例を参照することができないため、余計に判断が難しくなります。

商標登録しないとどうなる?

商標登録しないとどうなる?

商標登録しないと、以下のような問題が起こる可能性があります。

  • ・競合他社に先に商標登録されてしまう
  • ・差止請求される
  • ・損害賠償請求される
  • ・ライセンスの問題がある

商標登録していない場合は、自社の使用する商標を競合他社が出願・登録しても文句は言えません。もし、競合他社に商標登録されてしまうと、該当の商標の使用において権利者(商標登録した競合他社)から「差止請求」や「損害賠償請求」をされてしまう可能性があります。

これらの権利行使は、商標の権利者に認められたものであり、不正使用はその権利を侵害することになるため、民事罰や刑事罰が規定されています。

名古屋・広島で商標登録をご検討されている経営者様はいらっしゃいませんか?商標は重要なものである以上、出願の際の注意点や出願しないことによるリスクについては十分に理解して行動する必要があります。もし、商標登録や商標に関するトラブルに直面しているのでしたら、フリーダム特許事務所にご相談ください。

名古屋市内に1つ、広島県内に2つのオフィス(広島市・呉市)を構えており、名古屋・広島で商標や特許の出願をご希望の方をサポートしています。お客様がスムーズに商標登録できるよう、弁理士がしっかりと出願にかかる手続きを行いますので、安心してお任せください。サービス内容や費用に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

名古屋・広島で商標・特許出願を行うならフリーダム特許事務所にご相談を

名称 フリーダム特許事務所
設立 2015年(平成27年)7月1日
代表弁理士 河野 元(こうの はじめ)
本店所在地 〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目13−12 オキナビル301
代表TEL 052-446-5805
代表FAX 052-446-5806
業務内容
  • 特許、実用新案、意匠、商標の出願・権利化等の手続全般
  • 不正競争防止法、著作権法等の知的財産権法に関する相談
  • 契約書(職務発明規定、秘密保持契約等)に関する相談
  • コンサルティング(知財教育、発明発掘等)
  • 係争に関する相談
  • その他
主な顧客
  • 遊技機メーカー
  • 金型・樹脂成型品メーカー
  • 洗浄剤メーカー
  • 個人
支店所在地
  • 広島オフィス(広島市東区)
  • 呉オフィス(広島県呉市)
URL https://freedom-patent.com/