フリーダム特許事務所

特許庁とはどのような機関?広島名物で商標登録されているものをご紹介

特許庁は特許を認定したり、商標を登録したりする機関ですが、この他にもいくつか重要な取り組みを行っています。ここでは、特許庁がどのような機関なのかについて解説するとともに、広島の名物で商標登録されているものについてもご紹介しています。広島で商標登録をご希望の方は、ぜひ参考としてお役立てください。

特許庁とは?

特許庁とは?

特許庁は、以下の6つの取り組みを積極的に進めている機関です。

産業財産権の適切な付与

特許などの出願において、技術的・法律的観点から審査を行い、権利付与するか否かを判断します。なお、審査結果に対する不服申立てに対して、地方裁判所に代わって第一審の機能を有するという側面もあります。

産業財産権施策の企画立案

知財立国を目指し、迅速かつ的確な権利付与や知財インフラの提供、地域ブランドの確立や模倣品対策などに関する企画立案を積極的に進めます。

国際的な制度調和と途上国協力の推進

産業財産権制度の環境整備や日本人出願者の海外での円滑な権利取得・活用支援のため、先進国間協力や五庁協力、模倣品・海賊版対策の強化など積極的な国際活動に取り組んでいます。

産業財産権制度の見直し

企画立案や国際交渉などの結果を踏まえて、適宜特許法や商標法などの改正や審査基準の見直しなどを行います。

中小企業や大学等に対する支援

裾野の広い知的財産権の活用を図るため、手数料などの負担軽減、知財の活用や管理の支援、産学官連携の推進などを行っています。

産業財産権情報提供の拡充

様々なニーズに応えるため、ネット広報やDVD公報の発行、特許電子図書館などを通じて情報提供の拡充を行っています。

広島県の名物で商標登録されているもの

広島県の名物で商標登録されているもの

地域の活性化のための「地域団体商標」として、広島県では以下のような名物が商標登録されています。

  • ・広島みかん
  • ・広島レモン
  • ・広島はっさく
  • ・福山琴
  • ・広島かき
  • ・府中家具
  • ・三次ピオーネ
  • ・広島針
  • ・高根みかん
  • ・びんご畳表
  • ・大長みかん
  • ・大長レモン
  • ・福山のくわい
  • ・比婆牛

これらが含まれる「地域団体商標」とは、地域ブランドとして用いる「地域名+商品・サービス名」による文字商標のことを言います。事業者団体などに対して登録要件が緩和され、地域団体商標として商標権が認められます。日本各地で「特色ある地域づくり」の一環として地域ブランドの振興が盛んに行われており、特許庁はその流れを後押しするために地域団体商標制度を創設しました。

商標の登録は自分自身で行うこともできますが、初めての場合は出願までに時間がかかってしまったり、出願書類の不備により登録できなかったりする可能性が高まります。確実かつスムーズに商標登録を完了するためには、弁理士への依頼をご検討ください。

フリーダム特許事務所は、名古屋・広島で商標出願の依頼を随時承っています。お客様がスムーズに商標登録できるよう、しっかりとお手伝いいたします。「商標権の取り方がわからない」「確実に商標登録するために専門家に依頼したい」など、ご質問・ご要望がありましたらお気軽にお問い合わせください。

名古屋・広島で商標・特許出願を行うならフリーダム特許事務所にご相談を

名称 フリーダム特許事務所
設立 2015年(平成27年)7月1日
代表弁理士 河野 元(こうの はじめ)
本店所在地 〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目13−12 オキナビル301
代表TEL 052-446-5805
代表FAX 052-446-5806
業務内容
  • 特許、実用新案、意匠、商標の出願・権利化等の手続全般
  • 不正競争防止法、著作権法等の知的財産権法に関する相談
  • 契約書(職務発明規定、秘密保持契約等)に関する相談
  • コンサルティング(知財教育、発明発掘等)
  • 係争に関する相談
  • その他
主な顧客
  • 遊技機メーカー
  • 金型・樹脂成型品メーカー
  • 洗浄剤メーカー
  • 個人
支店所在地
  • 広島オフィス(広島市東区)
  • 呉オフィス(広島県呉市)
URL https://freedom-patent.com/