フリーダム特許事務所

「特許」と「商標」の違いとは?~申請を弁理士(特許事務所)に依頼するメリットについてもご紹介~

特許と商標は、企業様にとって馴染みのある言葉です。しかし、言葉を知っていても、具体的にどのような違いがあるのか知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?こちらでは特許と商標の違いと、出願を弁理士(特許事務所)に依頼するメリットについてご紹介いたします。

特許・商標の違い

特許・商標の違い

特許と商標は、どちらも登録すれば権利保護が認められます。そのため、まったく同じものだと勘違いする方もいらっしゃるかもしれませんが、特許と商標は別物です。

まずは、「特許」について解説いたします。特許出願・登録によって保護されるのは「発明(技術・アイデア)」です。例えば、新しい技術的な仕組みや、新しい構造などが、特許権によって保護されます。

また、出願においては「新しいものである」ことと「誰もが思いつくものではない」ことなどが要件となります。特許は、原則出願から20年で権利期間が終了します。

次に「商標」について解説します。商標登録によって保護されるのは「ブランド・ネーミング」です。主に以下のものが商標として登録可能です。

  • ・店名
  • ・商品名
  • ・サービス名

商標が保護する対象は、企業努力などにより積み重ねられた「信用」です。他人がこれを悪用・濫用し、企業イメージが傷つくことを回避するために、商標権によってこれを保護しています。権利期間は10年間ですが、特許と異なり更新することができます。

特許出願を弁理士に依頼するメリット

特許出願を弁理士に依頼するメリット

特許の出願は自力で行うこともできます。しかし、知識がないと手間がかかるものですので、申請手続きは弁理士にお任せください。弁理士に特許出願を任せた場合、大きく分けると以下の2つのメリットがあります。

出願に手間がかからない

出願に手間がかからないことが、メリットの1つです。出願は書類を用意して、手続きに臨まなければなりません。また、仮に権利が認められたとしても、その後に登録手続きなどの手間がかかります。

個人様や企業様にとって、プライベートや本業の時間を割くことは、できるだけ避けたいものです。弁理士に依頼すれば、必要最低限の手間だけで、あとのことは弁理士が代理で行うため時間を節約できます。

必要な範囲で権利保護を受けられる

一口に発明といっても、どこからどこまでを保護すれば良いのかはケースバイケースです。必要な範囲できちんと権利保護を受けられないと、企業利益を最大限に活かすことができなくなります。弁理士に依頼すれば、依頼者がどこまでの権利保護を必要としているのかを把握して、それに必要な手続きをきちんと遂行いたします。

権利保護の範囲が適切でないと、結局特許出願そのものが意味のなかったものになる場合もあるため、弁理士に依頼することはリスクを回避する方法ともいえるのです。

特許出願に必要な書類とは?

特許を出願してから登録が完了するまでには、特許庁の審査をいくつかクリアしなければなりません。スムーズに審査を通過するためにも、書類の事前準備は必要不可欠です。ここで少し、特許出願に必要な書類を簡単にご紹介いたします。

特許を出願する際に必要な書類は「願書、特許請求の範囲、明細書、図面、要約書」の5種類です。発明者の氏名や企業情報。特許として登録したい内容。発明の名称・特許の技術説明・発明内容等。この他にも、特許出願に必要な記入項目は多数ございます。

正しい形式で記載できていない場合、特許庁から補正の指摘が入ります。そのため、分かりにくい項目がある場合は、専門家に相談・依頼することをおすすめいたします。

名古屋・広島で特許・商標登録に関してお困りの方は、フリーダム特許事務所にご連絡ください。「特許の取り方がわからない」「商標の出願に手間取っている」など、名古屋・広島で特許・商標登録に悩んでいる方のサポートを行っています。

名古屋・広島で活躍する法人様・個人様の手助けをしたい思いから起業してから今日まで、多くの方々のご相談を承ってまいりました。これからも多くの方々に役立つサービスを提供したいと考えていますので、遠慮なくご相談ください。費用に関するご質問は随時受け付けています。

商標の費用について」の解説ページでは、商標登録にかかる費用はどれくらい?という疑問にお答えしています。出願費用・登録費用の他、先行商標の確認方法についてもご紹介していますので、特許や商標についての知識を深めたいとお考えの方は、ぜひこちらのページもご一読ください。

特許・商標登録のサポートメンバー紹介

名古屋・広島にオフィスを構えるフリーダム特許事務所のメンバーをご紹介いたします。それぞれの得意分野を活かし、お客様の特許・商標の申請、登録をお手伝いさせていただきます。特許の取り方・申請の手続きが分からない…、特許・商標の登録費用はいくらかかるの?といったご相談にも分かりやすくお答えいたしますので、お気軽にご連絡ください。

河野 元

  • 代表 所長弁理士
  • 登録番号第15043号
  • 担当特許、実用新案、意匠、商標、その他
  • 所属日本弁理士会(JPAA)
    呉商工会議所
    あま市商工会

澤田 高志

  • 弁理士
  • 登録番号第14762号
  • 担当特許、実用新案、商標、その他
  • 所属日本弁理士会(JPAA)

林 信吾

  • 技術スタッフ
  • 担当特許、実用新案、意匠

名古屋・広島で特許に関して相談するならフリーダム特許事務所へ

名称 フリーダム特許事務所
設立 2015年(平成27年)7月1日
代表弁理士 河野 元(こうの はじめ)
本店所在地 〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目13−12 オキナビル301
代表TEL 052-446-5805
代表FAX 052-446-5806
メール info@freedom-patent.com
営業時間 9:30~18:00
定休日 土・日・祝日
業務内容
  • 特許、実用新案、意匠、商標の出願・権利化等の手続全般
  • 不正競争防止法、著作権法等の知的財産権法に関する相談
  • 契約書(職務発明規定、秘密保持契約等)に関する相談
  • コンサルティング(知財教育、発明発掘等)
  • 係争に関する相談
  • その他
主な顧客
  • 遊技機メーカー
  • 金型・樹脂成型品メーカー
  • 洗浄剤メーカー
  • 個人
支店所在地
URL https://freedom-patent.com/

名古屋オフィス

広島オフィス

呉オフィス